ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

襖からウッドシャッターへ

 | 

最近の住宅には少なくなっている和室、皆さんのお宅には和室、ありますか?

クローゼットとは違い奥行のある押入れはお布団をしまうには大層重宝だったのです。

でも、その奥行きや大きな引き戸が洋風の生活になって、使い勝手が悪くなってきました。

それに襖は紙、切れたり色褪せたりするので張替が必要だったのです。

 

そこで襖を桐のウッドシャッター・引き戸仕様に入れ替えることにしました。

襖の鴨居の段差は事前に埋めることで、専用レールを取付けやすくしました。

鴨居レール

敷居の段差は小さいので、専用レールを設置することだけで大丈夫!

敷居レール

 

網戸や引き戸を入れるのと一緒、ウッドシャッターは下側から桟に入れ、上部はバネのついたフックに引っ掛けるだけ。

高さ調整

 

ちょっと歪みの調整はここで行います。

お色直しした和室の姿をどうぞ、鎧戸のようなスラットは開閉が出来ます。

桐ウッドシャッター

桐ウッドシャッター

 

閉めたままでもスラットの調整で風を通すことが出来るのでいいですね。

今回は家具に合わせて濃いカラーをチョイスしましたが、薄い色やウッド色までたくさんのカラーからお選びいただけます。

ルーミストのショールームには実物施工がございますので、ぜひ見て、触ってご検討ください。