ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

夏に向けてECO対策

 | 

今年は春から暖かでした、夏はどうなるのか・・・最近の夏は猛暑どころか酷暑にもなる暑さ、早い時期からの対策が必要になってきます。
暑くなってからでは遅いですよ。

夏の場合、室外から入る熱エネルギーの70%は窓から、やはり窓辺を工夫しないといけませんね。

窓からの断熱

 

最初に考えるのはレース、レースの効果的な機能は「遮熱」「断熱」「UVカット」など室内の一番窓寄りで太陽熱や日差しをカットします。
高機能になりと透過性が下がるのがウィークポイントですかねぇ、でもお手入れやメンテナンスが簡単なのがいいですよ。

遮熱レース

 

「遮熱ロールスクリーン」なんてのもあります。
窓枠の中側に取付けることで今掛かっているカーテンはそのままお使いいただけますね。
三重のカットになるので冷房効果もアップするはず、ブラインドやバーチカルブラインドにも遮熱効果のある生地もありますよ。
ロールスクリーンやバーチカルブラインドはメカの年式が合えば、生地交換も可能ですのでご相談ください。

遮熱ロールスクリーン

 

天窓や採光窓、吹き抜け窓は高い位置にあって一般の商品は取り付けられなかったり操作できなくなってしまいますので、施工場所にあった商品を取付けましょう。
天窓用や傾斜窓用があります、遠い位置からも操作できるものや電動で動くものも、ただ電動操作の場合は取り付け位置の側にコンセントが必要です。

天窓・傾斜窓

 

また日射熱を室内に入る前にカットする「外付けロールスクリーン」もあります。
いわゆるオーニングというものですが、雨にぬれても大丈夫なので急な天候変化にも対応できます。
ただ空間を作るために写真のように窓から離している場合などは強風にあおられることもありますので強風の時は巻き上げてくださいね。

外付けロールスクリーン

 

採光出来たうえで透過性もありますので、室内から屋外を見たとき適度に明るく景色も見えます、それなのに外からは見え難くなっていますのでプライバシーも守られますね。

外付けロール解説

 

窓辺をすっきり見せるなら「内窓」をプラスするのも効果的。
室内に入る前に約60%カット、その上で窓辺の対策をすればなお効果的ですね。

内窓解説

 

冬場も熱気が逃げる前に遮断できるのがいいですね、結露でお悩みの方もぜひご検討ください。

内窓