ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

レールカバーってなんでしょう?

 | 

今年も暑いだろう夏に向けて、遮熱スラットのタテ型ブラインドを検討されたK様、まさに日差しの強くなり出した今が検討のベストタイムです。

一般的にタテ型ブラインドはブラケット(取付金物)を使って施工しますが(ブラケットを使わずに直付けすることも可能です)、レールの形状やブラケットの一部が見えるのが気になることもあります。

タテ型ブラインド

 

そこでK様はレールカバーを付けることをご希望されました。

ブラケットから本体レールをカバーするのでとてもすっきりと取付けられます。

カバー用の取付金物はレールに取付けて施工しますので、何かで取外しをされる場合も比較的簡単です。

レールカバー付き

 

お選びになった遮熱シアーレースはグレイ色ですが、窓辺で見ていただければこの通り、しっかりと遮熱する上に重苦しくならない透過性も持っています。

タテ型ブラインドは全開したときの収まりが思いのほかあるのでそこは注意しましょう、今回の場合巾270㎝に対してたたみ代は30㎝ほど、窓に掛からないようによけて設置しました。

遮熱レースのタテ型ブラインド

 

日常的にスラットの開閉が多い場合は心配ありませんが全開閉をなさる場合は、このたたみ代問題を十分に検討することをおススメします。