ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

リターン縫製とスライド補助金物

 | 

リフォーム工事終え窓廻りのご検討をされているというY様、麗しくない風景と街灯からの光漏れ、強い日差しのカットをお望みです。

よくよくお話を伺ってみると、カーテンレースは窓枠すぐ上に取り付けられていてカーテンの上部からも光漏れするとのことです。

 

さて、皆さんならどうなさいますか?

まずはレールの取付位置、窓枠上5㎝ほどまでにしか取付ける下地がないので「スライド補助金物」を使ってレールの取付位置を10㎝ほど上に持ち上げましょう。

これによりレースと窓枠の間にスペースが出来ました。

スライド補助金物

 

カーテンは「リターン縫製」にしましょう。

「リターン縫製(赤〇のところ)」にすることで壁から室内にせり出しているレール幅分にカーテンを折り返すことで脇からの光漏れや空調の流れを遮断します。

リターン縫製

 

すべての窓をスライド補助金物でレールを上にあげ、リターン縫製でお机いしました。

明るいクラシック柄のピンク系のカーテンを使いましたので、優しいお部屋が出来上がりました。

リターン縫製カーテン

 

日中、目にするレースも遮像性のあるものや遮熱効果のあるものをご希望でしたが、エンブロイダリーの素敵な裾刺繍レースに目が釘付け、長い時間ご覧になるレースは気に入ったものにすることにしました。

プライバシーはベースの生地にあるシボで防げますね。

エンブロイダリーレース