ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

エコ対策にガラスフィルム

 | 

そうなんです、最近の夏の高温は半端ない、天候が荒れれば豪雨、大風、大粒の雹が降るなど異常ですよね。

U様のお宅はリビングに吹き抜け窓があります、吹き抜け窓にシャッターや雨戸がある訳がないので、異常天候が気になりますね。

日本は地震も多いので、窓ガラスが割れないか心配です。

吹抜け窓 高さ4.7m 特殊丈縫製カーテン

(U様宅4.7m吹抜け窓)

 

そんないろいろな出来事を心配して、窓ガラスが割れたとしても安全性を高めるため「飛散防止」とエコ対策を考えて「遮熱」のガラスフィルムを貼ることにしました。

飛散防止 遮熱 ガラスフィルム

 

遮熱効果があり暗くならない、もしもの時飛散防止もするフィルムです。施工前に窓寸法にある程度合わせた大きさに裁断してから持っていきました。

ガラスフィルム 遮熱 飛散防止

 

まずはサッシについているほこりや汚れをきれいに取ります。小さなホコリがフィルムを貼った後に目立ってしまいますのでしっかり磨きます。

サッシに水を吹きそこへフィルムを仮置きして位置の確認、ガラスとフィルムの間に入った水と空気を逃がしながら固定します。

ガラスフィルム施工

 

持ち手として貼り付けるために残しておいた余分な部分を切れ味の良いカッターで落として1ヶ所出来上がりです。予定の窓をこの調子で繰り返していきます。

お天気が良かったこともあり乾燥したりホコリを吸ってしまったりするので1ヶ所づつ準備し貼っていきます。

ガラスフィルム施工

 

あまり暗くならないフィルムをお選びいただきましたので、貼ってもお部屋は暗くなりません。

これで少しでも安心と快適に夏を過ごせるといいのですが・・

ガラスフィルム施工