ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

スタイリッシュな窓辺の演出

 | 

戸建て住宅でこんなに大きな開口部のあるリビングって素敵ですね、でも何を取付けるかで悩みどころ。

そんなお悩みを窓装飾プランナーがご相談承りました。

 

まずは色々な商品を見ていただき「スタイリッシュ」を目指すことに、そこで甘くならないタテ型ブラインドを付けることに決めました。

大きな開口部をどう仕切るか、2面の合わせ部をどう納めるか、各メーカー施工説明と首っきりで検討させていただきました。

タテ型ブラインド

 

カーテンボックス内に納めるため2面の納め方が問題に。

光の入る方向や操作位置、スタイルによって隙間の出方が違うのでいろいろ検討した結果ほとんど隙間が空かず操作部も気にならないこちらのような取り付けになりました。

見た目にもすっきり、操作するときも隣のメカが気になり難そうです。

タテ型ブラインド

 

通常はスラットを開けてしまわず傾けるだけだそうで、スラットの溜まりも気にならなそうです。

ベランダへの出入りは分割した小さめなメカ部の位置ですので、開閉も楽ですね。

タテ型ブラインド

 

いつまでもすっきりと整えておくために、スラットの裾にはボトムコードを取付けます。これでスラットがばらけることもありませんね。

でも、ボトムコードを付けたからって安心しないで、強風の時は窓を閉めてくださいね。