ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

ひとつの窓に複数の生地使い

 | 

・・・して作るスタイルをパッチワークカーテンと呼びます。

その切替えは上下や左右、また数枚を縫い合わせるなんてことも出来ます。

切替スタイル例

 

今回ご用命いただいたA様もパッチワークスタイルの内からトップ切替スタイルをお選びになりました。このスタイル、ショールームにもいろいろなパターンが展示してあるんですよ。

ご提案させていただいたのはダマスク柄+タテストライプの2対8のスタイル。

カーペットのカラーも考慮してパープル系×グレー系×ベージュ系のカーテン生地の取り合わせにしました。

トップ切替スタイルカーテン

 

今回は上のダマスク柄がアクセント、家具やテレビなどに隠れないように上部切替えにしたんですよ。

合わせるレースは総柄、裾スカラップドレープとの柄合わせ良しのこちら。

カーテンのアクセント部の柄と雰囲気を同じにしたレースです。

エンブロイダリーレース

 

最後の最後までお迷いでしたが、リビングに掛けたら・・・満面の笑顔、やっぱりこれにしてよかったとおっしゃっていただけました。

これから窓辺の日差しも暖かくなる季節、窓辺の雰囲気をお楽しみください。