ルーミスト

株式会社奥島内装 ショールーム・ルーミスト

逆巻きのロールスクリーンってどんなの?

 | 

階段の踊り場にある収納スペース、折角オープンに作ったけど来客時に見えてしまうのが気になると、目隠しをお考えでした。

カーテンでは片側に溜まってしまったりそよいでしまう、ドアを付けると場所を取り開口部が小さくなってしまう、開口部を邪魔しない位置に付けられるロールスクリーンが良さそうです。

 

ロールスクリーンって通常は巻取りパイプの後ろから生地が降りてきます。

窓から離れずに設置出来るので光漏れが少なくすることが出来ます。

ロールスクリーンの逆巻き

 

今回は中に納める書類等にぶつからないよう「逆巻き」で納めました。

窓の開口操作ギアにぶつからないなど利点もありますね、ただ正面付けで逆巻きにした場合、壁面からスクリーンが離れるので遮光生地などをお選びの場合は光漏れが気になるかもしれません。

逆巻きロールスクリーン

(ネットより)

 

生地によっては「逆巻き」が出来ないものもございますので、スタッフにご確認ください。